エリックさんの横笛(販売終了)

ルネッサンス時代を起源とする素朴な横笛です。同じようなものが西洋のあちこちで見つかります。指穴が6つしかありません。リコーダーよりもオカリナよりも指穴が少ないので簡単にドレミを覚えられます。音域は2オクターブ。
» エリックさんの横笛を吹いてみました(G)
» エリックさんの横笛を吹いてみました(C)

アイリッシュLowDキー ( concert pitch )

品番品名価格
CTFT007スターリーナイト
----円(税,送料込) 販売終了
CTFT004ダーク&カーブ
----円(税,送料込) 販売終了
CTFT001ナチュラル
----円(税,送料込) 販売終了

Gキー・Cキー ( NO concert )

品番品名価格
CTFT008スターリーナイト(G)
----円(税,送料込) 販売終了
CTFT009スターリーナイト(C)
----円(税,送料込) 販売終了
CTFT005ダーク&カーブ(G)
----円(税,送料込) 販売終了
CTFT006ダーク&カーブ(C)
----円(税,送料込) 販売終了
CTFT002ナチュラル(G)
----円(税,送料込) 販売終了
CTFT003ナチュラル(C)
----円(税,送料込) 販売終了

エリックさんは本人自身が笛の名手であり、世界中に累計10万本を出荷した実績を持つクラフトマンでもあります。彼の製作する横笛は自然素材のよさを生かしながら、工業製品の品質を実現しています。

エリックさんの工房は北米フロリダ州(沖縄県と同緯度)にあります。彼の横笛は現地で伐採した竹を使用しています。南国フロリダの竹らしい、まっすぐでおおらかな音色はどんな曲の演奏にも似合います。

スターリーナイト

スターリーナイトの表面には、星空模様をあしらいました。むせかえりそうなほど濃厚な生命に満ちた世界を表現しています。土星に木星、星雲や帚星など、いろいろな彫刻が楽しい。

ダーク&カーブ

ダーク&カーブの表面には、黒く焼き入れした地に簡単な幾何模様と絵を彫刻しました。銅版画のように静まりかえった、孤独で寂しい印象。

ナチュラル

ナチュラルの表面は、フロリダ産の竹の素材感をそのまま活かしました。まっすぐで飾らない自然体の美しさです。

ナチュラルの笛にペイントして自分だけのオリジナルを製作してみませんか。これは白ペンキをスプレーした上からデコパッチペーパーを貼りました。3本失敗しました……みなさんは失敗しないように、百円ショップで竹ボウキをたくさん買ってきて、十分に練習してから挑戦するといいです。

自信のない人はプロに頼むといいです。街の手芸店に行くとトールペイントの教室をやっていることがあります。そこの先生に頼んでお花を描いてもらうとか。手数料1万円くらい?胡桃油や蜜蝋ワックスを塗ってしまうとペイントできなくなります。ペイントする場合は、胡桃油や蜜蝋ワックスを塗る前にペイントしてください。

アイリッシュLowDの演奏に必要な手のひらサイズ

エリックさんのアイリッシュLowDは大きな笛なので、演奏するためにはある程度の大きな手のひらが必要です。

図は、右手・左手の指穴を押さえる位置です。

左手の指穴の幅は8.1cm、右手は7.1cm。実際に自分の手に定規を当ててみて、らくらく大丈夫なら演奏できると考えていいです。

※ 一番端の指穴に右手薬指が届かない場合、最後の手段として小指で指穴を押さえます。これならかなり楽に届きます。

  • Gキー・Cキーはコンサートピッチではありません。
    (でもソロ演奏には十分すぎる精度です。)
  • アイリッシュの全長は約55cm、Gキーは約42cm、Cキーは約31cmです。
  • デザインは多少異なることがあります。

» エリックさんの横笛の吹き方はこちら
材料:北米フロリダ産の竹
製作:エリック・ザ・フルートメーカー(北米)