ただ今の店内BGMは…


-マウンテン・ダルシマー演奏『The Dark Island』- .

ニュース

新商品のレビュー

北米の民族楽器マウンテン・ダルシマー。
フレットの並びがそのままドレミファソラシドになっているので、初心者でもメロディを弾きやすい設計。更に指で押さえなければならないのは一番手前の弦だけで、残りの2本はメロディと一緒に弾いて伴奏する用。

これはかなり習得しやすい弦楽器だ。
ギターやウクレレに挫折した人も、マウンテン・ダルシマーでリベンジしよう。»マウンテン・ダルシマーのカタログはこちら

さまざまな楽器たち

CDもあります



2017年02月21日

メトロノームに合わせて弾く

北米の民族楽器マウンテンダルシマーでは、初心者はどうしても速く速く弾きがちで、それで失敗します。きちんとテンポを計りながら弾くと、案外ゆっくりで、余裕を持って弾けたりします。
»マウンテン・ダルシマーのお求めは世界楽器てみる屋で

初心者は速く弾きすぎる

マウンテンダルシマーを弾くとき、初心者は運指が遅れないようにと気にするあまり、かえって本来のテンポよりもどんどん速く弾いてしまって、最後には指が追いつかなくなって失敗します。

メトロノームできちんとテンポを計りながら弾いてみると、案外ゆっくりで、(なんだ自分ってこの曲弾けるじゃん!?)ということがよくあります。

メトロノームは安物でOKです。
むしろあんまり高機能だと、使い方を覚えきれなかったりします。

いつもどの曲も同じテンポで弾く

最初はメトロノームに合わせて弾くのは大変です。
遅れたり先走ったり、テンポを合わせるのに精一杯で、とても芸術的?に弾く余裕なんてありませんけど。やってみると…数日で慣れました。

私はいつもどの曲も、同じテンポ――70bpsで練習しています。もちろんずっと速い曲や遅い曲は、メトロノームの速さをそれに合わせますけど。できるだけ70bpsで練習してます。

延々と同じテンポのカチカチを聞いていると、体のテンポもそれに合ってきて、数日で、それほどメトロノームの音を意識しなくても、合わせて弾けるようになりました。