ポケットサックス (Xaphoon Pocket Sax)

巷で8,000円くらいで売っているポケットサックスは中国製の粗悪品だったり平行輸入品で説明書が英語のままだったりします。「私は粗悪品でも演奏してみせる。説明書が英語でもなんとかする。」という人だけが手を出すべきです。

覚悟もないのに購入して、後になってうちに「日本語の説明書だけいただけませんか」と問われても、どうしょうもないです。ポケットサックスと説明書は一体ですから、余りはありませんよ。

この単純な楽器からこれほどの音がっ!?、というのが今だに不思議です。

『アメイジンググレイス』 を吹いてみました↓

『ユー・アー・マイ・サンシャイン』 も練習向き曲です↓

品番品名価格
XPSAX001ブラック
14,364円(税,送料込)
XPSAX002ホワイト
14,364円(税,送料込)
XPSAX003レッド
14,364円(税,送料込)
XPSAX004グリーン
14,364円(税,送料込)
XPSAX005ブルー
14,364円(税,送料込)
XPSAX006ゴールド
14,364円(税,送料込)
XPSAX101バンブーサックス
21,924円(税,送料込)
XPSAX201キャリングケース
2,160円追加
TSXRD101葦リード1.50
(5枚入)
2,916円追加
TSXRD001樹脂製リード1.50
3,240円追加
TSXRD002樹脂製リード1.75
3,240円追加
TSXRD003樹脂製リード2.00
3,240円追加

※ 2.00より薄いリードは街の大きな楽器店でも置いてないと考えてください。買えば取り寄せになるでしょう。必要なら楽器本体といっしょに購入してしまうと、無駄な送料がかからずお得です。

(「郵便で配達」なら400円引き、他の楽器やCDも買うと1,400円引き)
» ポケットサックスの吹き方はこちら

  • 指穴の数: 9穴
  • キー: Cキー
  • 音域: 2オクターブ
  • 材質: ポケットサックスはABS樹脂、バンブーサックスは竹
  • 色: ポケットサックスはブラック、ホワイト、レッド、グリーン、ブルー、ゴールド
  • 色: バンブーサックスは焼き芋色
  • 長さ: 31.7cm
  • 重量: 104g (リガチャー、リードを含む)
  • 付属品: 詳細な説明書(日本語訳)、保護キャップ、リガチャー、リード

サックスの音がする玩具の笛

ボディーにはプラスチックのクラリネットと同じABS樹脂を採用。上品に黒光りする外観からは、それが丹念かつ精巧に成型されたであろうことが伺えます…ったって、どう見ても指穴をあけただけ。正直がっかり、ですか?だまされたと思って手にとってみてください。これがえっらい本格的な音がするのです。

甘くささやくエモーショナルな低音から高らかに歌うビビッドな高音まで。ポケットサックスは小学校の縦笛を吹く要領で、誰でも手軽にリード楽器の音色を楽しめます。その名のとおり、はっとするほどサックスによく似た音色を聴かせることもあります。「この単純な楽器からこれほどの音がっ!?」というのがポケットサックス最大の魅力です。

20世紀の終わりに、ハワイのマウイ島に住むサックス演奏者ブライアンが、近所の子どもたちのために玩具の竹笛を作ったのが始まりです。

「サックスの音がする”クール”な竹笛」の噂はハワイ全島に広まり、やがてアメリカに、そして世界中に広まりました。

ポケットサックスはオリジナルの竹笛―バンブーサックス―を元にリデザインしたプラスチック製の楽器です。つまり大量生産品…と言ってしまうと安っぽい印象ですが、音色はドライで都会的で華やか。”サックス”と呼ぶなら、こちらの方が完成度が高いと言えるでしょう。

一方のオリジナルのバンブーサックスはウェットでアジアンな音色です。いつかどこかで聞いたような…懐かしい印象です。

休日のアウトドア・レクリエーションに

真夏のビーチにはだんぜんポケットサックスが似合います。ポケットサックスの力強い音色は潮騒にも負けず存分に自己主張します。サーフィンの波を待つひとときに、砂浜でBBQを楽しんだ後で、ポケットサックスがあればより楽しい休日になるでしょう。

ポケットサックスは頑丈で耐水です。軽くて小さいので鞄に入れてどこでも持ち歩けます。旅のお供にもってこいです。見知らぬ街の広場で大道芸人たちにまざっていっしょにセッション…なんてのも海外ではよく見る光景です。もちろんいつもの公園や川縁で演奏してもいい感じです。ふだんはすれちがう人から声をかけられたりして、新しい出会いがあるかもしれません。

ストリートでステージで

ポケットサックスはコンサートピッチにかっちり調律されています。音域は完全2オクターブで半音も大丈夫、なんだって吹けます。ピアノやギターと共演しても恥ずかしくない立派な音色ですから、ストリートだってステージだってしっかりこなします。

たとえば…オカリナのコンサートの中ほどでポケットサックスを1曲披露すれば、観客のよい気分転換になるのではありませんか。

リード楽器にチャレンジ

リコーダーやオカリナなど、既に笛を演奏している人にこそポケットサックスをお勧めします。ポケットサックスの操作性は本物のサックスよりもむしろ、縦笛に近いのかもしれません。私はぜんぜん違和感ありませんでした、最初からぷーぷー遊べました。

そろそろリード楽器に手を出してみたい。サックスなんておもしろそうだけど、でも本格的なピカピカのサックスはなんだか大げさで気恥ずかしい…ポケットサックスならお手ごろ価格ですぐに始めることができます。鞄に入れて、どこでも好きなときに演奏を楽しめます。

練習用サックスとしてはNG

ときに本物のサックスかと聞き違うような音色を奏でるので”サックス”と名づけられましたが。ポケットサックスは笛です。残念ながらサックスの練習用には使えません。マウスピース(口でくわえる部分)の形が本物のサックスと違いすぎるのです。本物のサックスを演奏したい人は本物のサックスを練習してください。

逆に本物のサックスのプレイヤーだからポケットサックスくらい、すぐに吹ける、というわけでもないです。ポケットサックスは笛であって、サックスではありません。初対面の楽器として一から始めてください。

「ポケットサックスはまた別の魅力的な楽器である」と、そのように理解して付き合っていただけたら幸いです。

音階と運指について

ポケットサックスで使える音階には大きく2とおりあります。

第1ポジション(ハ長調、Cキー):

第1ポジションのドレミファソラシド↓

指穴を下から順にあけていくとそのままドレミファソラシド…になります。シの指使いが変。下のドより低い音を表現できないので出番の少ない音階です。

第2ポジション(ヘ長調、Fキー):

第2ポジションのドレミファソラシド↓

指穴を下から順にあけていくとソラシドレミファソラシド…になります。
途中の音から始めるので、第1ポジションのドレミファソラシドよりすこし高い音に聞こえます。下のドより低い音を表現できるので多くの曲を演奏できます。基本、こちらの音階を使うことになるでしょう。

半音を含めた2オクターブぜんぶの運指は付属の説明書(日本語訳)をご覧ください。付属の説明書は誰が書いたのか、力作です。ポケットサックスの使い方をわかりやすく説明しています。隅々まで読んであげてください。それと私が演奏していて気がついたことをブログにまとめています。少しでも参考になればいいです。
» ポケットサックスの吹き方はこちら

上手に吹くコツ

ポケットサックスを上手に吹くコツは「本物のサックスの真似をして吹くこと」。これに尽きます。

そもそもサックスのあの独特の音色は、サックス本来の音色というより、演奏者があんな風に吹いているからあんな音色なのです。マニアックな話になりますが、パソコン音楽をやったことがある人なら、パソコンに楽譜を打ち込み自動演奏させたサックスの音が聞けたものではない…それどころかサックスの音にすら聞こえなかった、という経験があるはずです。

サックスは、ただ音を鳴らすだけではダメなのです。
サックス演奏者はサックスを大きな音で吹いたり小さな音で吹いたり、音をずり上げたり、う゛ーと声を混ぜたり。いろんなことをします。そうしてはじめてあのサックス独特の音色になるのです。

ポケットサックスをくわえて、本物のサックスの真似をして吹きます。たとえば物真似上手なお笑い芸人が、有名な歌手をそっくりに真似て演歌を歌ったりするのを見たことがあるでしょう。あんな感じです。

真似をするためにはよく観察する必要があります。
(この人のように演奏したいっ)というミュージシャンを決めて、その人のCDを繰り返し聞いて、そっくりに真似します。最初は友だちが聞いて笑い転げるくらい、大げさに真似をするといいです。バカバカしいほどそっくりに真似して演奏できるなら、きちんとまじめに演奏することだって、できるってことでしょう?

キャリングケースはなくてもよいかなと

ポケットサックス、バンブーサックスには立派なキャリングケースが別売しています。ですが、私は要らないかなと思います。

なんというかこの楽器の魅力は、一にも二にもお手軽なことです。頑丈だからそうそう傷つかないし、万が一壊れても新しく買いなおせばいい。リードを痛めないようにマウスピースにキャップだけはめて、裸のままころんと鞄に入れて持ち歩いて、好きな場所で好きなときにひょいと取りだして演奏する。このような扱い方が、ポケットサックスをいちばん楽しめると思っています。

「でも私はこういう物を買ったら必ずケースも買うことにしている」という人は、それはもうぜひぜひキャリングケースを購入してくださいまし。