ラップハープ

音符のとおりに弾くだけ。これなら私だって弾けますよ↓

»上の曲のソングカードです。プリントアウトして使ってください

TKOBLH002 スタンダード、クルミ製

価格: 14,418円(税,送料込)
★ 天板にクルミ材を使用。天板の材質の違いによる音色の差は聞き取れなかった。

TKOBLH003 スタンダード、オーク製

価格: 14,418円(税,送料込)
★ 天板にオーク材を使用。天板の材質の違いによる音色の差は聞き取れなかった。

TKOBLH011 カスタム、カバノキ製

価格: 23,026円(税,送料込)
★ 天板にカバノキ材を使用。スタンダードよりも音が1つだけ多い。音色も僅かだが響きがよい。

TKOBLH1xx ソングカード追加パック各種

価格: 659円追加
★ 別売のソングカード。1パックに12曲入っていて、パックは「アイリッシュ」「昔の名曲1」など全部で19種類。注文の際にはどのパックをお求めか補足欄に書いといてください。書き忘れた場合はこちらからも確認しますけど。

»追加パックの全種類はこちらをご覧ください

TKOBLH201 ブランクカード

価格: 594円追加
★ 音符の書かれていない白紙のソングカード。好きな曲のソングカードを自作するのに使う。10枚セット。

TKOBLH301 スタンダード用ケース

価格: 3,132円追加
★ スタンダード用のソフトケース。ラップハープを外に持ち出すのに便利。(カスタムには最初からソフトケースが付属しています。)

TKOBLH401 交換弦

価格: 292円追加
★ 交換弦。(とりあえずスタンダードにもカスタムにも交換弦は最初から付属していますよ。)

TKOBLH503 T型調律レンチ

価格: 2484円追加
★ 別売の調律レンチ。スタンダードに付属している平たいレンチよりずっと使いやすい。

TKOBLH601 ディスプレイ用スタンド

価格: 1836円追加
★ ラップハープを立てかけて玄関やリビングのインテリアに。

CRTNR004: 電子チューナー KORG PitchHawk-G2

価格: 3,719円追加
★ 弦楽器を演奏するなら必須のアイテム。

(他の楽器やCDも買うと1,400円引き)

スタンダードの仕様

  • 弦の数: 15本
  • キー: Gキー
  • 音域: 2オクターブ
  • サイズ: 37.5cm×4.6cmX19.5cm
  • 重量: 666g
  • 付属品: ソングカード(11曲分、音符はメロディのみ)、歌詞カード、調律レンチ、ピック、交換弦、使用手引書(日本語訳付)

カスタムの仕様

  • 弦の数: 16本
  • キー: Gキー
  • 音域: 2オクターブ+1音
  • サイズ: 43.0cm×4.6cmX22.3cm
  • 重量: 912g
  • 付属品: ソフトケース、ソングカード(12曲分、音符はメロディ+伴奏)、歌詞カード、調律レンチ、ピック、交換弦、使用手引書(日本語訳付)

私でも弾けた!

弦の下にソングカードを差しこんで、音符のとおりに弦を弾くだけです。なるほど、これなら私だって弾けます。

ラップハープ、メロディーハープ、トイハープなどと呼ばれている玩具のハープです。これはTKオブライエン社のラップハープ。きちんとした楽器として製作されたラップハープです。長く残響する澄んだ音色は子どもだけでなく大人も楽しめます。

228曲分のソングカード

ラップハープはもちろん、ふつうのハープのように演奏してもいいのですよ。でも見てすぐに弾けるソングカードがあるのは心強い。本体には最初から11曲分のカードが付属しています。また別売の追加パックもあります。クリスマスソングや昔の名曲など、カテゴリ毎に12曲ずつまとめたものが19種類。全部で228曲分のカードがある計算です。
»追加パックの全種類はこちらをご覧ください

自由に書きこめる白紙のカードもあります。
228曲でも足りないなら自分で好きな曲のカードを作ってください。自分でカードを作る自信のない人は……代わりに楽器のできるお友だちに作ってもらいましょう。持つべきものは友だちです。

クリスマスや誕生日のギフトに

ラップハープは誰でもその場ですぐに演奏して楽しめますから、クリスマスや誕生日のギフトにぴったりです。

楽器の好きなお子さんやお友だちにプレゼントすれば、きっと喜んでもらえるはず。手書きのソングカードを添えてプレゼントする、というのはどうでしょうか。心のこもった演出になると思うのです。

もしあなたが楽器を演奏できるなら、ラップハープと合奏してもいいですね。楽しいひとときになること間違いなしです。

演奏のコツ

知らない曲はYouTubeを見て覚えましょう。
ソングカードの音符を追いかけながら(こんな曲かな)と理解するのは大変です。カードに用意されているのは有名な曲ばかりですから、YouTubeでタイトルを探せば、きっと誰かが歌ったり演奏したりしてるでしょう。

できるだけ曲を暗記しましょう。
ってもソングカードがありますから、プロの演奏家のように丸ごと完璧に暗記する必要はありません。メロディや曲の流れを覚えて、演奏しながらちらっ、ちらっとカードを盗み見る感じ?この程度でも素人から頭一つ抜けた表情豊かな演奏をすることができます。

製作: TKオブライエン社 (北米)