ごめんなさい。販売終了した楽器の入荷は絶望的です…
後悔しそうな楽器はメーカーが生産終了する前に入手しておいてください。

ホーム » バグパイプ » 小型中世バグパイプ

小型中世バグパイプ

バグパイプは革バッグにリード笛を取りつけた楽器です。切れ目なく鳴りつづける伴奏音とにょろにょろしたメロディーは一度聞いたら忘れられません。
» 小型中世バグパイプを吹いてみました。(1本ドローン)

品番品名価格
BGPIP0012本ドローン
114,286円(税,送料込) 販売終了
BGPIP0021本ドローン
90,699円(税,送料込)
BGPBK001楽譜集★1
8,349円追加
BGPRD001換えリード(チャンター用、葦)
3,705円追加
BGPRD004換えリード(チャンター用、プラ)
3,100円追加
BGPRD002換えリード(長ドローン用)
3,100円追加
BGPRD003換えリード(短ドローン用)
3,100円追加
BGPBB001換えブロウパイプ・バルブ
454円追加
BGPCP001保護キャップ(チャンター用)
3,672円追加
BGPCP002保護キャップ(長ドローン用)
3,672円追加
BGPCP003保護キャップ(短ドローン用)
3,672円追加
CKGRS001コルクグリス
594円追加
BWAX001蜜蝋ワックス10ml
324円追加

(他の楽器やCDも買うと1,400円引き)

  • キー: ソプラノCキー
  • 音域: 1オクターブ+1音
  • 材質: バッグは牛革、パイプはエルスベー材
  • サイズ: バッグ36cm×25cm、バスドローン管43cm、チャンター管30cm
  • 重量: 1ドローンタイプ460g、2ドローンタイプ540g
  • 付属品: 的確な取扱説明書、ジョイント部の替糸、チューニング蝋
  • ★1: 『Spielmanns Notenbuch第一巻』、A4版、98頁

バグパイプ(バッグパイプ)は革バッグにオーボエのようなリード笛を取りつけた楽器です。吹口から息を吹きこんでバッグをふくらませて、脇でバッグを締めつけて空気を送りだし笛を鳴らします。指穴のあるチャンター管と背中からはえているドローン管が織りなす独特な音色は一度聞いたら忘れられません。だれでも音と形を見れば聞けばああ知っているという、ちょー有名な民族楽器です。

バグパイプは、スコットランドのタータンチェックも美しいハイランドパイプが有名でしょうか。マニアックなところではアイルランドのイーリアンパイプやスペインのガリシアンガイタなど。

小型中世バグパイプについて

小型中世バグパイプは中世古城の壁画に描かれたバグパイプを復元したものです。音の高さも運指もソプラノリコーダーと同じなので、小学校の音楽の成績が5だった人ならすぐに上達するでしょう。バグパイプの中では音量が小さいほうなので、リコーダーやオカリナ、ギターやピアノなどと合奏できます。

申し訳ありません、「この楽器はリコーダーやオカリナ、ギターやピアノなどと合奏できます。」と書きましたが、バグパイプは音程が変わりやすい楽器で、一年の寒暖を通じてバグパイプをコンサートピッチに調律するためにはある程度の知識と経験が必要です。初心者の方は、まずバグパイプ単体で基礎練習やリード調整の経験をつまれてから、合奏にトライされることをお勧めいたします。私自身もバグパイプを自在にコンサートピッチに調律する方法について勉強中です。
(2010/4/7現在)

ドローン管について

ドローン管はバッグの背中からはえている長い管のことで、バグパイプの演奏中に同じ高さの伴奏音を切れ目なく鳴らしつづける役目を持っています。

1ドローンタイプのバグパイプにはドローン管が1本ついていて、メロディー管の一オクターブ下のCの音を鳴らします。これが基本構成で、バグパイプのにょろにょろ感を十分に堪能できます。

2ドローンタイプのバグパイプにはドローン管が2本ついています。
長い方のドローン管がCの音を鳴らします、これは1ドローンタイプのドローン管と同じものです。そして短い方のドローン管が長さを調節することによってGまたはFの音を鳴らすことができます。

同時に鳴らすと2ドローンならではの分厚いサウンドを楽しむことができます。
あるいはドローン管を1本だけ鳴らしたい場合は、使わないドローン管の先端に栓をします。曲によって伴奏音はCがよかったり、GやFだけの方がしっくりくることがあるので、1本だけ鳴らす機会も多いでしょう。

製作: バグパイプ工房そのだ (ドイツ、日本人だが修業先のドイツで工房を持った)


換えリードと保護キャップ


換えリードについて

バグパイプの音源であるリードは消耗品です。っても1年くらいは余裕で使えるそうですけど。どちらかというとピッチの調整をしていて力あまってミシリ…と自分で壊してしまうことの方が多い気がします。そんなときのための交換用リードです。写真の平たいのがチャンター用リード、筒型が短ドローン用のリードです。他に長ドローン用のリードもあります。一本ずつ予備に持っておくと安心です。

チャンターリードには葦製のリードとプラスチック製のリードがあります。
プラスチック製は安価で湿気に強く長持ちするそうですが、馬力のない音です。2ドローンにはメロディーが伴奏に負けないように、けたたましい音色の葦製をお勧めします。

保護キャップについて

バグパイプの演奏が終わったら、革バッグの中にたまった湿気をよく追いだして解体して保存します。チャンター管のリードは葦(植物)ですから、何もしなくてもチャンター管だけは取りはずしましょう。このとき、繊細なリード部分がむき出しになりますから、引っかけたり落としたりするとリードを壊してしまいます。それを保護するためのキャップです。

とりあえずチャンター用の保護キャップがあれば安心です。
私はチャンター管もドローン管もばらばらにして保存するので、それぞれの保護キャップを使っています。


コルクグリス

本体のジョイント部分を引きぬいて分解・収納できる木管楽器について。

ジョイント部分は柔軟性を持たせるために、コルクで出来ていたり糸が巻いてあったりします。コルクグリスはこのコルクや糸が擦り切れないように塗るものです。

これはふつうのリコーダー用のグリスでOKです。引き出しや押入の奥を探すと見つかるかもしれませんよ。「ああもういいや買っちゃえ」という方はぜひお買い求めください。


蜜蝋ワックス

ミツバチの巣を溶かしてつくった蜜蝋(みつろう)に荏胡麻油を配合しました。
蜜蝋は高級な自然塗料として昔から木製家具や食器の仕上げに使われてきました。楽器の表面を輝かせ、汚れを防ぎます。

  • 楽器の表面を上品に輝かせます。
  • 防水効果があります。汚れを防ぎます。
  • 植物繊維にはそれほど染みこまないので、繊維を強化する効果は期待できません。

がっつりお手入れ

楽器の表面が輝いている間は必要ありません、こまめにお手入れしても意味ないです。半年…1年に1回すればいいです。

  1. 蜜蝋ワックスを指先にほんとうにほんのちょっとだけ!! とります。
  2. 両手ですりあわせて蜜蝋ワックスをのばします。
  3. 楽器を両手でゴシゴシこすって蜜蝋ワックスを広げます。
  4. キッチンペーパーで余分な蜜蝋ワックスをしっかりと拭きとります。
  5. 新しいキッチンペーパーでみがきます。
  6. 1日そっとしておきます。